医療法人社団五色会

医療法人社団五色会
〒762-0023 香川県坂出市加茂町963番地
TEL/0877-48-2700 FAX/0877-48-2886

トップページへ お問合せ
新着情報一覧
理事長挨拶
五色会について
各施設のご案内
スタッフ紹介
スタッフ募集
発刊物について
お問い合わせ・資料請求
プライバシーポリシー
 
TOP>理事長あいさつ
理事長ごあいさつ
医療法人社団五色会 理事長 佐藤 仁
医療法人社団五色会 理事長 佐藤 仁

 医療法人五色会理事長の佐藤仁です。当法人はすべての患者に笑顔と希望を届けるというミッションの下、上記の行動指針に基づいて運営されております。詳しく説明させていただきます。

 1の安全性に関しては病院に関わらず、すべての分野の組織で優先される課題であると思われ、異論はないと思います。
 2の継続性に関して、精神科領域はその疾患の特徴より、疾患に罹患してから長期間にわたり、治療を継続する必要のある患者様が多く存在します。いつ症状が悪化しても変わらず治療が受けられるかかり付けの医療機関があることは患者様の安心につながります。そのためには医療機関は身勝手に治療の提供を中断したり、治療施設を閉鎖したりすることは避けなければなりません。したがって人員的にも経済的にも治療が継続できる体制を常に意識し、流行に惑わされず、無理のない運営を心掛ける必要があります。当たり前のことですが医療機関が閉鎖したのでは医療は提供できません。よって2番目に重要としました。
 3番目に精神科治療施設としての専門性を高め、精神科治療における最先端の治療が提供できることを目指します。
 4番目の行動指針は少し変わった表現ですがこれは私の愛読書であるスティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』のなかに出てくるフレーズです。まず個人の自立があって初めて協調し合う人間関係が構築され、その関係が成熟するとお互いの不十分なところを補い合いながら集団として個々の力の総和よりも大きな相互効果が発揮できるという概念です。 最後5番目に関しては社会は常に変化し、求められる医療も同様に変化しております。このような現代社会において我々医療法人も組織として、あるいは職員一人ひとりが常に変化を恐れず、自ら積極的にスクラップアンドビルトにチャレンジする必要があります。そして精神障害に苦しむ皆様方により良い医療を提供できる医療機関でありたいと考えます。

 2016年4月に4つの新しい組織が誕生しました。精神科訪問看護に特化したGステーション、当院第3番目のデイナイトケア・オリバ、就労支援施設ドリームワークス、事業所内保育園オリーブガーデンです。

 精神科訪問看護に関してはこれまで五色台病院として行っておりました。今後は五色台病院とは独立した機動性、専門性の高い、患者様の様々なニーズにこたえることができる訪問看護ステーションを目指します。
 五色台病院ではこれまで170人の定員でデイナイトケアをプルミエ、ファミーユという2つの施設で行っておりましたが、大勢の利用者が参加されるようになり、物理定期なスペースが手狭になったこともあり、新たな施設を開設しました。高齢化する精神障害者にも利用がしやすいリハビリ空間となるよう意識した設計を建築家の後藤哲夫先生にお願いしました。

 就労支援施設ドリームワークスはこれまでデイナイトケアプルミエで就労プログラムという形で行っていたものをより実践的なものとし、就労の入り口というよりむしろ一般就労へ旅立てるための出口的な施設として位置づけております。またこのドリームワークスは「障害者の就労施設は使われなくなった建物等を利用して、社会の片隅でひっそりと行われている」という世間のイメージを変え、就労支援を利用している障害者が社会の主役の一人だということを意識できるような、自分の晴れの姿を主張できるような、自信が芽生える施設を目指したいと思います。

 最後に事業所内保育園でありますが、これは私が理事長に就任した2007年当時よりの長年の夢でありました。その頃読んだ、パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードの著書「社員をサーフィンに行かせよう」のなかでヴェンチュラにあるパタゴニア本社の事業内託児所のことが述べられておりました。「その託児所はパタゴニアの製品同様、最高の託児所である。」と自信を持って語られており、その託児所の質がその社員の士気に強く影響し、従業員はそこで育つ子供たちと共にパタゴニアという会社に対して誇りを持ち、愛するようになると感じました。経済的な問題のため今まで躊躇しておりましたが、勇気をもって開設に踏み切りました。当たり前のことですがオリーブガーデンは精神科病院内にあります。当然精神障害者や精神科医療従事者をまじかに感じながら子供たちは育つわけです。仕事の合間にはお父さん、お母さんと会うことができます。またオリーブガーデンの目の前にはJ‘sセラピーガーデンがあります。そこにいるポニーは子供たちにとって自分のペットとなり、ガーデンの丘を上り、オリーブの木々の間を駆けながら成長するはずです。また当法人の従業員以外も利用できるよう、地域枠も用意しております。地域から来る子供たちが将来、精神科病院という施設と地元の皆さんをつなぐ橋渡しとなることを願っております。


Copyrights (c)2006 Medical co.Goshikika All Rights Reserved.